持ち物の画像

ブライダルフェアについてよく知らない人は、どんな準備が必要なのか分からず、参加できないままなんて人も多いのではないでしょうか。

そんな不安を解消するために、ブライダルフェアでの服装、持ち物、注意点など必要な準備についてご紹介します。

ブライダルフェアはどんな服装でも参加OK!

服装の画像

基本的には、ブライダルフェアへの参加はどんな服装でも構いません。

ただ結婚式場を見学するのですから、ある程度TPOをわきまえる必要はあると思います。

また女性と男性では服装を選ぶポイントが違うので、それぞれ紹介します。

ブライダルフェアでの服装【女性】

上記で説明したように服装に明確なルールはありませんが、ブライダルフェアでウェディングドレスを試着する場合は、男性より女性のほうが時間も手間もかかります。

以下のポイントを押さえておくといいでしょう。

  • 脱ぎ着しやすい服&靴
  • ストッキングの準備
  • ベアトップの下着

ドレスの試着会に参加する場合は、何着か試す可能性もあるので脱いだり着たりしやすい服がおすすめです。

靴も同様に脱ぎやすいものを履いていき、ストッキングの準備も忘れないようにしましょう。

試着会では、肩や背中が露出したデザインのドレスを着ることを考慮して、肩紐のないベアトップの下着を身につけるのがおすすめです。

ドレスの試着はスタッフの人に着替えを手伝ってもらう必要があるので、見られても恥ずかしくない下着を準備しておいたほうがいいですね。

ブライダルフェアでの服装【男性】

男性の服装に関しては、女性ほど気をつかう必要はありません。

カジュアルになりすぎなければ問題はないですが、いくつか押さえるべきポイントがあるのでお伝えします。

  • 短パンやサンダルは避ける
  • 清潔感のある服装を心がける
  • 着替えやすい服を選ぶ

短パンやサンダルのようなラフな格好は結婚式場にそぐわないので避けるべきです。

スーツを着る必要はありませんが、襟のあるシャツ、ズボンはスラックス、靴は革靴がベターです。

汚れていたりヨレヨレの服は避け、ヒゲや身だしなみに気をつかって清潔感のある服装を心がけましょう。

タキシードを試着するときに脱ぎ着しやすい服装をおすすめします。

なお女性・男性にかかわらず、ブライダルフェアの試食会に参加するなら、食べこぼして汚してしまう可能性があるので、白い服は避けたほうが無難です。

キャラ1

万が一に備えて、汚れても目立たない服装を選んでおけば安心です。

ブライダルフェアでの服装については、「ブライダルフェアってどんな服装で行くの?女性・男性ポイント」でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

ブライダルフェアに必須の持ち物

カメラの画像

ブライダルフェアに参加するなら、「デジカメ」「筆記用具とメモ帳「スケジュール帳」「大きめカバン」の4つは必須の持ち物です。

この4つを忘れずに持って行きましょう。

  • デジカメ
  • 筆記用具とメモ帳
  • スケジュール帳
  • 大きめのカバン

会場の装飾や雰囲気・ドレス・料理など撮影しておきたい項目はたくさんあるので、デジカメは重要なアイテムのひとつです。

筆記用具とメモ帳は何かメモを取りたいときにあると便利で、スケジュール帳は日程調整をする際に必要になってきます。

またブライダルフェアに参加すると、パンフレットや見積書などを持ち帰ることが多いので、大きめのカバンがあると役に立ちます。

ブライダルフェアでの持ち物については、「ブライダルフェアでの持ち物は?絶対に忘れてはいけない4点」でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

ブライダルフェアに行くなら押さえておきたい注意点

結婚の画像

ブライダルフェアでは、コース料理の試食会やウエディングドレスの試着など豪華な体験ができるのが魅力ですが、注意すべきポイントがいくつかあります。

何も知らずに参加すると、結婚式の準備がうまく進まなくなってしまう可能性があります。

注意点を4つにまとめましたので、参考にしてみてください。

  • パートナーと要望を決めておく
  • 事前に質問事項をまとめる
  • その場で即決しない
  • 見積書を鵜呑みにしない

ブライダルフェアに参加する前に、どんな結婚式にしたいのかをパートナーと話し合い、結婚式場への要望をまとめておきましょう。

質問事項をメモなどに事前にまとめておけば、式場のプランナーさんに伝えるときに役立ちます。

逆にプランナーさんからの質問に曖昧な態度でいると、迷っていると思われて強い勧誘を受ける可能性があります。

招待人数・予算・日程は必ず聞かれる項目ですので頭に入れておきましょう。

また、ブライダルフェアでの料理・演出・デコレーションはすべて「最上級の内容」であることに対し、見積書はこちらの要望を伝えない限り「最小限の内容」の金額が提示されます。

ですから、その場で即決はせず、冷静な目で見積書を確認してくださいね。

準備なしでも気軽に参加OK

上記でブライダルフェアに必要な準備について説明してきましたが、特に準備していなくても何も問題ありません。

「ブライダルフェアの雰囲気を体験したい」「結婚式の料理を試食したい」という理由で参加しても全然構わないのです。

ブライダルフェアに参加して初めて理想の結婚式のイメージが湧くこともあるかもしれないので、気になっている人は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

キャラ2

あまり身構えず気軽に参加してくださいね。