ブライダルフェアは式場選びを目的としている人しか参加してはいけない、と考えてる人も多いのではないでしょうか。実はブライダルフェアは結婚式を予定していなくても、将来的に結婚式を挙げる可能性があるのであれば試食会やドレスの試着を目的として気軽に参加して問題ないのです。

キャラ4

今すぐ結婚式の予定がないからといって、ブライダルフェアに参加することをためらう必要は全くありません。

結婚予定のない人がブライダルフェアに参加するときに注意すること

結婚式が未定のカップルがブライダルフェアに参加するときには注意しておくべきことがあります。それは式場のスタッフさんに近日中に結婚式を挙げる予定があります、とをついて参加することです。

ブライダルフェアに来ている人は全員が結婚式の式場選びできているとは限らないので、周りのカップルに合わせて嘘をつく必要はありません。

事前にスタッフさんには結婚式の日程は未定ですが雰囲気を見学しに来ただけです。」と、伝えておくと不信感を抱かれてしまうことも心苦しい思いをすることもありません。嘘をついてブライダルフェアに参加してもアンケートの記入やプランナーさんからの質問など、思わぬ場面で嘘だとバレてしまうこともあるので注意しましょう。

あらかじめ「ブライダルフェアで必ず聞かれる3つの質問」の記事を参考にしておくと、慌てずに済むかもしれません。

結婚式を予定していない人こそ!ブライダルフェアに行くべき

実は式場側は結婚式を予定していない人にこそ、ブライダルフェアに参加してほしいと考えているものなのです。

最近では結婚式をしないで入籍だけをする、いわゆるナシ婚で終わらせてしまうカップルが入籍をしたカップルの半分を占めています。このまま結婚式を挙げる人がさらに減ってしまったら、結婚式場は困ってしまいますよね。

そのため結婚式場はナシ婚を前提にしているカップルがブライダルフェアに参加することで、結婚式を挙げたいという気持ちになってもらえたらと考えているのです。

結婚式はお金がかかり準備が大変なものというイメージがあるため、経済的な事情や妊娠をしているカップルがナシ婚を選んでしまう傾向にあります。しかし最近では格安で結婚式を挙げることのできる式場もあれば、マタニティウェディングができる式場もあります。

多くの人が情報を知らないだけなのです。ブライダルフェアはそんな人たちに向けて情報を発信している場でもあるため、結婚式を予定していない人こそ参加してみるべきなのです。

結婚式の予定がない人でも式場側にはメリットがあるの?

もしも結婚式の予定がないカップルがブライダルフェアに来たとしても、式場は来場してくださるだけでメリットがあります。

式場にきてくださった本人たちが式場を気に入って将来結婚式を挙げてもらえることもありますし、本人たちでなくても身内や親戚などが興味を持ってくれることもあります。そのうえ口コミサイトなどに式場の情報を投稿してくださる可能性もあるのです。

自分たちが契約しないからといって式場のスタッフさんに嫌な顔をされることはありませんし、足を運んでもらえるだけでその先にメリットはあると考えているのです。結婚式を挙げる予定のない自分たちでは式場のスタッフさんに迷惑がかかるから、と遠慮する必要はありません。

パートナーをブライダルフェアに誘うと関係が悪くなる?

ブライダルフェアを検討する男性

結婚式の日程が未定のカップルがパートナーをブライダルフェアに誘う時は注意するべきポイントがあります。よくパートナーをブライダルフェアに誘ったら関係が悪くなったという意見を聞きますが、原因はどこにあるのでしょうか。

プロポーズや結納が終わったあとであれば、お互い結婚式をおこなうか本格的に考えているのでどちらが誘っても問題はないと思います。しかし結婚を前提にお付き合いをしているが、明確な時期が決まっていない場合は気を付けましょう。

女の人の中には早く結婚したいがプロポーズしてくれないため、ブライダルフェアに参加してその気にさせてしまおうと考えている人がいるそうです。実はこれが彼に引かれてしまう原因で、彼はまだ結婚を具体的に意識していないことが多く、遠回しにプロポーズしてくださいと言われているようで嫌だと感じるそうです。

男の人のなかには出世したら、貯金がいくら貯まったらなど自分の中でタイミングを決めている人もいるようです。自分なりの考えを持っているのに、遠回しに急かされるようなことをされると誰でも引いてしまいますよね。

ブライダルフェアは結婚の予定がないカップルでも気軽に参加して問題ありませんが、ブライダルフェアに誘う時は独りよがりな気持ちを押し付けてはいけないので注意しましょう。