ブライダルフェアは気軽な感じで参加してはいけない場所だと考えている人も多いとおもいますが、実はデート感覚で参加しても全く問題ないのです。

実際にプロポーズ前のカップルでも、試食会目的やドレスの試着目当てなどで多くの人が参加しています。

ブライダルフェアに興味はあっても参加する勇気の出ない人は、デート気分で参加してみないかとパートナーを誘ってみるのもいいかもしれません。

ブライダルフェアに参加することで今後の結婚式への考え方が変わってくるかもしれないですし、将来結婚式を挙げるための情報収集にもなります。

キャラ2

式場側がデート感覚で参加してくださいと提示しているブライダルフェアもあるので、一度気軽な気持ちでブライダルフェアに参加してみるといいのではないでしょうか。

デート感覚で誘うと重いと思われる?

ブライダルフェアに誘うとと思われるので誘うことができないという意見をよく聞きますが、ブライダルフェアにパートナーを誘うことは決して重たい発言ではありません。

ブライダルフェアに参加することはすぐに結婚式を挙げるというイメージがあるので重たいと思われがちですが、今すぐ結婚式の予定がなくても将来結婚式を挙げる可能性が1%でもあれば、誰でも気軽に参加していいイベントなのです。

確かに付き合って数日などでブライダルフェアに誘ってしまうのは重いかもしれませんが、お互いが結婚を意識していたり常識的な期間交際をしているカップルであれば、ブライダルフェアに誘うことは決して重いことではありません。

パートナーに重いと思われてしまうのではと不安に感じる人は、

ブライダルフェアに参加する=今すぐ結婚しようと誘っている訳ではないことを、事前にパートナーに説明しておく

ことが重いと思われないためのコツではないでしょうか。

ブライダルフェアをデート感覚で楽しむには

ブライダルフェアをデート感覚

ブライダルフェアをデート感覚で楽しむには、事前にブライダルフェアがどのようなことをする場所なのか知っておく必要があります。

何をおこなう場所なのか知らないまま参加してしまうと、真剣に結婚式場を選んでいるカップルに対して失礼なことをしてしまう可能性がありますし、自分たちが居心地悪く感じてしまうかもしれません。

せっかくデート気分で参加しているのに居心地悪く感じてしまっては、ブライダルフェアを楽しむことができないですよね。

そのためにも事前にハナユメなどのブライダルキャンペーンサイトで内容を確認しておくといいのではないでしょうか。

ハナユメであればブライダルフェアに参加するだけで、商品券を受け取れるキャンペーンに参加することもできます。

将来のために情報収集する上でも、デート気分で気軽に足を運んでみるのがおすすめなのです。

式場探しはハナユメを使うのが絶対お得!

  • 試食会ありの式場を簡単に探せる
  • 最大3万円の商品券がもらえるキャンペーン
  • 式場によってはハナユメ割で100万円以上お得になる

ハナユメの公式サイトを見てみる

しかしブライダルフェアでも結婚式の日程や招待するゲストの人数などを、相談会で質問されたりアンケートの記入をお願いされたりします。

事前にパートナーと設定を考えておくのではなく、スタッフさんには結婚式の日程は未定ですが式場の雰囲気を見学しに来ただけです
と素直に答えましょう。

ブライダルフェアで嘘をついても、得られるメリットは何もありません。

デート感覚でブライダルフェアにいくときに気をつけること

デートの画像

ブライダルフェアにデート感覚で参加するときは、真剣に式場選びをしているカップルに迷惑にならないように気をつけましょう。

たとえば先着10組限定となっているブライダルフェアにデート感覚で参加してしまうと、自分たちで枠が埋まってしまって真剣に式場選びをしているカップルが予約を取れなくなることもありますよね。

そうすると式場にも予約の取れなかったカップルにも迷惑になってしまいます。

キャラ3

ブライダルフェアにデート気分で参加するのであれば、なるべく予約の必要無いブライダルフェアに参加すると、他のカップルや結婚式場にも迷惑にならないのではないでしょうか。

ブライダルフェアの試食会でデート代は浮かせれる?

ブライダルフェアの醍醐味といえば豪華な試食会ですよね。

たしかに試食会目的で参加している人もたくさんいます。しかし試食会でデート代を浮かせようとするのは少し無理があるのではないでしょうか。

試食会にはフルコースやハーフコースなど多くの種類がありますが、ブライダルフェア当日は試食会だけでなく他にも多くの体験ができるように計画されています。

当日時間によって内容が変更されることもありますし、ブライダルフェアは終了まで平均2〜3時間は必要です。

一般的に試食会だけを体験することはできないうえに、試食会でもスタッフが近くに付いていることがあるため落ち着いた雰囲気で試食できるとは限りません。

デート代をブライダルフェアの試食会で浮かそうなどと浅ましい気持ちで参加することはやめましょう。

試食会については「ブライダルフェアの試食会をデート感覚で楽しむ!キャンペーンガイド」の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

大学生カップルがデートで参加しても大丈夫?

ブライダルフェアに参加するのは学生カップルでも問題はありません。

しかしアンケートの記入などで年齢や職業を質問されるので学生と答えるのは少し勇気がいるかもしれません。

そのうえスタッフにも遊びにきた冷やかしだと思われてしまうこともあります。

学生でも参加してはいけないルールはありませんが、結婚式場の雰囲気に圧倒してしまうかもしれないですし、スタッフさんから嫌な顔をされる可能性の少なくありません。

そのため学生カップルの人は今後のための情報収集であることを明確にスタッフさんに伝えておくといいのではないでしょうか。

キャラ1

もちろん真剣に結婚式場を選ぶためにブライダルフェアに参加することは問題無いので、たとえ学生カップルでも安心して参加できます。

同意をしていないのに無理やり連れていかないこと

ブライダルフェアはデート感覚で参加することができるからといっても、相手が同意をしていない状態で無理やり連れていくようなことをしてはいけません。

結婚式場ということで相手がプレッシャーを感じてしまうこともありますし、ブライダルフェアにかかる時間も長いので、もしかしたら喧嘩をしてしまうかもしれません。

せっかく楽しいデート気分でブライダルフェアに参加するのに、喧嘩をしてしまっては意味がないですよね。

自分勝手な気持ちだけでブライダルフェアの参加を誘ってしまうと、後悔してしまうこともあるので気をつけましょう。

たとえプロポーズ前でも問題ない

ここまでデート感覚で気軽にブライダルフェアに参加しましょうと説明してきましたが、プロポーズをしていない状況でも足を運んでいいものなのかと考えている人はいるのではないでしょうか。

ブライダルフェアでは、よく聞かれる質問として結婚式のことを具体的に聞かれることがありますが、内容が全く決まっていなくても問題はありません。

そのうえ式場側から勧誘をされるのではないかと不安になってしまうかもしれませんが、実際にはしつこい勧誘をさせることはありませんし情報収集のためという理由で断ることも可能なのです。

ブライダルフェアの勧誘については、「ブライダルフェアに参加すると勧誘されるの?使える対処法」の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。

ブライダルフェアは想像しているよりも気軽に足を運べる、新しいデートスポットでもあるのです。