ブライダルフェアの服装

どんな服装でブライダルフェアに参加すればいいのか、迷っていませんか?結論からいうと、服装のルールはないのでどんな格好でも大丈夫です。とはいえルールがないからこそ、悩んでしまうものですよね。そんなあなたのために、選ぶとき少しでも参考になるポイントを紹介したいと思います。

ブライダルフェアでの女性の服装

女性はコーディネートの種類が多くあるため、決まったスタイルをおすすめすることはできません。自分の持っている洋服の中から、レストランやホテルの中を歩くときに恥ずかしくない服を選ぶと間違いないですが、ドレスの試着会に参加するときは要注意です。

ドレスの試着会に参加するなら脱ぎやすい服装で

ドレスの試着会に参加するのであれば、ワンピースなどの脱いだり着たりしやすい服でいくのがオススメです。タートルネックなどの脱ぎにくいトップスは着替えにくく、メイクやヘアスタイルが崩れてしまうこともあります。試着会は本番の雰囲気を感じることのできる貴重な体験なので、身だしなみでイメージを損なわないように気をつけましょう。

キャラ5

着替えの際はスタッフさんに手伝っていただくので、下着もスタッフさんに見られたときに恥ずかしくないものにするとより良いでしょう。

履き慣れた、脱ぎやすい靴がおすすめ

式場を見学するときは会場を歩き回ります。おろしたての靴や履き慣れていない靴で靴ずれをおこしてしまわないように、普段から履き慣れた靴を選ぶといいでしょう。

しかしスニーカーやサンダルなどのカジュアルすぎる靴は、式場では浮いてしまうかもしれません。疲れやすいピンヒールやハイヒール、またドレス試着の際に何度も着脱するのでニーハイブーツなど時間のかかる靴も避けたほうがいいでしょう。

ストッキング・レギンス・タイツは履いていっても大丈夫?

ドレス試着のないブライダルフェアは、レギンスやタイツを履いていっても何の問題もありません。しかし試着のある場合は、ドレスに合わせてヒールの高さやデザインを決めるために靴を選んでいただいたり、ドレスの形によっては足がみえてしまうものもあります。

なのでタイツなどの厚みがあるものよりもストッキングのほうが、より本番に近くイメージが湧きやすくなります。試着会に参加するときは、いかに本番に近づけるかがポイントです。

メイクやヘアスタイルもしっかり!

試着会に参加するのであれば、少しでも本番に近づけるためにもメイクやヘアスタイルは気を抜いてはいけません。メイクは本番を想定して少し濃いめにしていくといいですし、ヘアスタイルはスタッフさんが簡単にアレンジしてくださることが多いので、ヘアスプレーやワックスなどは避けアレンジのしやすい髪型でいきましょう。

しかし念のためにヘアゴムやヘアクリップなどは準備し、自分でも対応できるようにしておくと安心です。

脱いだり着たりできる上着で体温調節を

試着会に参加しない場合でも上着は脱いだり着たりできるものがおすすめです。式場によって見学のために屋外やガーデンに出たり、夏場では冷房が効いているところも多く、1枚上着を持っていくか脱いだり着たりできるもので体温調節ができると安心です。

ブライダルフェアでの男性の服装

ブライダルフェアの服装

男性の服装はスーツを着ていくほど、きっちりしている必要はありません。ある程度カジュアルな格好でも会場の雰囲気に合っていれば大丈夫です。しかし男性でもタキシードなどの試着があることを頭にいれておきましょう。

カジュアルすぎには注意!

スーツでいくほどではないですが、カジュアルすぎる服装にも気をつけましょう。短パンやビーチサンダルなど、雰囲気にそぐわない格好はやはり式場で浮いてしまいます。夏であればポロシャツ、冬はワイシャツやジャケットなど、襟がついているものが最適です。ズボンはジーンズではなく、チノパンやスラックスなどが無難ですし、靴もスニーカーなどではなく革靴が好ましいです。

清潔感を損なわないように

男性は服装もですが、清潔感にも気を配るといいです。他のカップルも参加していることが多いので、パートナーのためにもヒゲや寝癖などは気をつけるようにしましょう。そして男性でもタキシードの試着をおこなっている式場もあります。スタッフさんの前で着替えをすることもあるので、下着は見られても恥ずかしくないものを着ていきましょう。

当日は結婚式がおこなわれている!

当日は実際に結婚式がおこなわれているかもしれない、という感覚で服装を選ぶことが一番大事です。もしも挙式をおこなっている最中に、ボロボロのジーンズの人や短パンにビーチサンダルなどの式場の雰囲気に合わない人と鉢合わせてしまったら、やはり印象は良くないですしお互い少し居心地の悪い感じがしますよね。

最近では平日や夜でも結婚式がおこなわれています。結婚式をおこなう場所にいくのですから、会場見学だからという軽い気持ちで服装を選ぶことなく、どのブライダルフェアにいくときも結婚式をおこなっている意識を持って参加することが重要です。