ブライダルフェアで契約

ブライダルフェアの参加を考えている人の中には、その場で長い勧誘を受け契約するまで帰らせてもらえない、なんてイメージから不安になっている人も多いのではないでしょうか。

しかしブライダルフェアでは、その場で契約をしなくても失礼にはなりません。

人生のビッグイベントである結婚式は、多くの式場を見て検討し、自分が納得できるものを創り上げるのが一番大事なのです。

ですから営業や勧誘を受けたからといって、その場で契約をする必要はありません。

キャラ3

もちろん結婚式場のスタッフさんも理解した上で対応してくださるので、安心して参加することができます。

ブライダルフェアの仮予約ってなに?

ブライダルフェアでは様々な会場を見て検討されたい人のために、仮予約の制度があるところがほとんどです。

仮契約とは
仮予約とは自分たちが挙式を希望する日程に、他のカップルが契約してしまわないように1週間から10日間ほど式場を押さえておくシステムです。

仮予約は無料のところが多いですが、式場によっては内金が発生する本契約からのみの場合もあるので事前に確認しておきましょう。

仮予約の場合はキャンセル料がかからずキャンセルすることもでき、さらには仮予約のキャンセル待ちができるところもあります。

そのため仮予約の期間中、見学しておきたい会場は全て確認できるように二人で計画してから参加すると、手際よくすすめることができておすすめです。

複数の仮予約をした場合は、期間中にキャンセルの連絡をし忘れて本契約に移行してしまわないように気をつけましょう。

ブライダルフェアで本契約をするには

ブライダルフェアでスタッフさんの対応や会場の雰囲気など全てにおいて納得し、希望する日程に空きがあるようであればその場で申し込むこともできます。

式場ごとに金額は違いますが平均5万〜20万円の内金または手付け金を支払い、契約書にサインをしたら本契約が成立します。

キャラ4

本契約はパートナーと話し会うだけでなく両家の両親にも意見を聞き、同意を得た上で交わすようにしましょう。

ブライダルフェアで契約するときに注意すべきポイント

書類の画像

仮予約から本契約に移行する場合も、当日契約をする場合も注意点があります。

本契約を交わすと、その後のキャンセルはキャンセル料がかかり内金や手付金も戻ってこないので、契約するときはもう一度見積もりの確認など担当者さんと話し合いましょう。

そして値引き交渉をおこなうなら、仮契約後から本契約前がおすすめです。

契約前なのに値引き交渉をおこなうのは恥ずかしいことだと思っていませんか?

プランナーさんは契約書にサインをした時点で、提示されている見積り金額で納得したと考えてしまいます。

口コミサイトなどでも、契約を交わしてからの値引きはほとんどできなかった人のが多いです。

見積書の見方については、「結婚式で後悔しないための見積書の見方と確認しておくべきポイント」の記事でも紹介しているので、合わせてご覧ください。
キャラ4

後悔しないためにも契約書にサインをする前には、なるべく値引き交渉をおこなうことがとても大事です。

契約を交わすときはキャンセル料の確認をしておく

契約を交わすときに一番気をつけなければいけない項目が、キャンセル料についてです。

結婚式でおこるトラブルの中でもキャンセル時に発生するものが、ダントツで多いのが現状なのです。

そのうえキャンセル料は当日までの日数で変化するものなので、きちんと細かく確認しておくようにしましょう。

キャンセル料は?クーリングオフできるの?

契約をして内金や手付金を支払ったがクーリングオフできませんか?という質問をよく目にします。

クーリングオフは主に訪問販売や電話勧誘販売に対する制度です。

自ら訪問し契約を交わす結婚式場のような場合は、クーリングオフ適応外になります。

特定の取引に限り、一定期間内(訪問販売や電話勧誘販売の場合は、契約書を受け取った日を含め8日間、連鎖販売いわゆるマルチ商法は20日間)であれば無条件で契約を解除できる特別な制度、クーリング・オフがあります。

最近増えてきている結婚式場でのトラブルは、内金やキャンセル料に関するものがほとんどです。

もしもの場合のために挙式開催日より何日前までキャンセルできるのか、何割が実費負担になるのかなど細かく確認しておきましょう。

ブライダルフェアで契約をする前に知っておきたいポイント

ブライダルフェアで当日契約

ブライダルフェアに参加する前に、少しでも知っておくと役立つポイントがあります。

できるだけ不安をなくし、当日を迎えるようにしましょう。

実は少数?その場で即決するべき?

初回のブライダルフェアで本契約をおこなうカップルは少なくなっています。

何件も見学して理想の結婚式場を探し出す人がほとんどです。

焦ってその場で契約をせず一旦持ち帰って他の式場とも比較し、冷静になって考えましょう。

その場で契約してしまい、後から違う式場でおこないたいと考え直しても内金やキャンセル料の問題が発生することが多いです。

気になる会場は全て見学し、比較することが式場選びの中で最も大事といえるでしょう。

ブライダルフェアの当日契約は割引や特典があるの?

ブライダルフェアに参加すると当日契約のみの成約特典や仮成約特典などがありますが、だからといって特典に惹かれて契約を交わしてはいけません。

式場選びは、様々な式場を見学することが重要です。

しかし中には、最初に見た式場が一番理想に近くて契約しておけば特典を受けることができたのに、と後悔してしまうのでは、と不安に思う人もいるとおもいます。

そんなときは、こんなふうに考えましょう。

最初の式場が一番だったと思えるということは、他の式場と比較することができたから故の結果。

もし最初に契約していたら他の式場はどんな様子なのか心のどこかで気にしながら準備をすすめていくことになっていたかもしれない。

自分にとって理想の式場を探し求めた結果、自分の理想としていた結婚式場を見つけ出すことができたのです。

成約後でも値引き交渉はできるので焦らない

電卓の画像

結婚式の契約は多額の費用が必要になるため、その場ですぐに契約をする人は多くありません。

そのため後日契約をするために足を運んでも、ブライダルフェアの際に提示をされた割引を適応してくれることもあるのです。

ブライダルフェア当日に契約を交わしてしまうよりも、一旦時間を置いて冷静になることで契約後も後悔することはなくなります。

当日割引が適応されるからといって焦ってしまうのではなく、冷静になって考えるようにすることが大切なのです。

契約した後もブライダルフェアに行って大丈夫?

本契約を交わした後でもブライダルフェアに参加することは可能です。

他の式場のブライダルフェアに参加し、演出などを参考にするのもいいと思います。

しかし契約を交わした式場では、成約者フェアをおこなっているところがほとんどです。

ブライダルフェアに比べて引き出物や飾り付けなど、より詳しく説明をしてくださり、挙式に対するイメージも湧きやすくなっています。

契約を交わしている式場であれば、成約者フェアや相談会などに参加しましょう。

ハナユメを通して予約したほうがお得!

せっかくブライダルフェアの参加を申し込むなら、少しでもお得に参加したいですよね。

直接式場に連絡するのもいいですが、ハナユメのホームページを通すことで商品券プレゼントのキャンペーンなどにも参加することができてさらにお得に参加することができるのです。

ハナユメのホームページでは自分たちの希望する地域の式場を簡単に探しだせるうえ、雰囲気検索で簡単に式場を検索することもできます。

検索しながらお互いの意見を話し合う良い機会にもなるので、ブライダルフェアに申し込むときはハナユメのホームページをうまく活用しましょう。

式場探しはハナユメを使うのが絶対お得!

  • 試食会ありの式場を簡単に探せる
  • 最大33,000円の商品券がもらえるキャンペーン
  • 式場によってはハナユメ割で100万円以上お得になる

ハナユメの公式サイトを見てみる