ブライダルフェアの試食会

ブライダルフェアでは模擬挙式や相談会のほかに、無料の試食会が開催されているのをご存知でしょうか。ブライダルフェアの試食会ではフルコースであったり、フォアグラなどの高級食材を試食できることが魅力です。

しかし結婚式の予定のない人が足を運んでいいものなのか、少し考えてしまいますよね。実際にブライダルフェアに参加している人は、どんな理由でいっているのでしょうか。

  • パートナーとデート感覚で参加する
  • 試食会を目当てで参加する
  • 式場の比較をして参考にするために参加する

実は結婚式の予定日が決まっていない人でも多く参加しているのです。

キャラ1

このようにブライダルフェアは気軽な感じで参加することができます。

ブライダルフェアの試食会に参加したい!内容は?フルコース?量は?

結婚情報誌などでブライダルフェアの日程や予定表をみると、無料試食会やコース試食、デザートビュッフェなどの言葉が並んでいます。

これらがすべて無料ときくと、内容はどんなものなのか気になりますよね。一言でいうと、試食会の内容は本番に出てくる料理と同じです。ブライダルフェアは誰でも参加できますし、結婚式本番に出てくる料理を無料で試食できるなんて少し贅沢ですよね。

試食会といっても、「スープ、メインディッシュ、デザートのメニューを無料で試食」「5000円相当のハーフコースを無料試食!」や、ワンプレート試食の式場もあります。ブライダルフェアの式場を検索するときは、コース料理やフォアグラ、伊勢海老などの具体的内容が記載されている式場が狙い目です。ブライダルキャンペーンサイトなどで情報を確認してから参加しましょう。

ブライダルフェアの試食に行くなら閑散期!おすすめの時間帯や時期は?

ブライダルフェアおすすめの時間帯や時期

閑散期がベストな理由

結婚式場の閑散期は一般的に1月・2月・8月といわれており、この時期になるとブライダルフェアの時間を確保しやすいうえ、案内や来場者特典に力を入れているところが多いです。時間帯によってブライダルフェアの内容が違うので、事前に下調べして自分たちにあったブライダルフェアに参加しましょう。

平日フェアや仏滅の日はおすすめ

現在は土日だけでなく平日フェアなどをおこなっているところが多いので、土日ではお休みが合わないカップルでも安心して参加できます。実は平日フェアは参加者が少ないため、少し豪華な試食会をおこなっていることもあります。また仏滅の日などは結婚式を挙げる人も少ないので、全館開放フェアなど大規模な試食会が開催されているためチャンスです。

ブライダルフェアに参加するだけで特典がもらえる

ブライダルフェアの特典

ブライダルフェアは参加するだけでうれしい特典がもらえます。式場ごとに違うのはもちろんですが、1つの式場でも様々なフェアがあり特典も違うので事前に調べておくといいでしょう。

たとえばある結婚式場では指定された日にちのブライダルフェアに参加するとディズニープリンセスの写真立てがプレゼントされますが、別の日にちだと焼き菓子に変更になっていたりします。ブライダルフェアの内容をしっかり調べた上で参加すると、ほしい特典を逃すことなくもらえます。

とくに忘れてはいけないことは、ブライダルキャンペーンサイトであるゼクシィでブライダルフェアの予約をすると、先着でギフトカードが最大1万円分プレゼントされるということです。式場でいただける特典に加えてゼクシィからギフトカードもいただけるなんて、参加するしかないですよね。

ゼクシィでは以前ジェラートピケのルームウェアをプレゼントするキャンペーンもおこなっていたので、今後のキャンペーン情報も見逃せません。ただしキャンペーンの対象はWebからの予約のみ対象となるので、誤って直接電話で予約をしてしまわないように気をつけましょう。

ブライダルフェアに行く前に知りたい!注意するべきポイント

ブライダルフェア

中には無料で試食ができるなんて、その先に勧誘や契約などがあるのではないかと考える人もいると思います。しかしブライダルフェアに参加して強引な営業を受けることはありませんし、すべての試食会が無料なので安心して参加できます。

勧誘はされるの?当日契約はしなくても大丈夫?

ブライダルフェアでは当日契約をしなくても問題ありません。最近は勧誘に対する法律も厳しくなったので、式場側も強引な営業をしてきません。式場選びは多くの式場を見学して自分の理想を探し出すことが重要です。そのことはスタッフさんも理解しています。そのため勧誘を受けたからといってその場で契約をする必要はありません。

実は8割のカップルは当日契約をおこなわない
初めて参加するブライダルフェアで結婚式の情報がないまま契約してしまうのは、やはり躊躇してしまいますよね。同じように他のカップルも8割は当日契約していません。そのため契約をしないことに罪悪感をもつ必要はありません。

しかし少しの勧誘も受けたくない人は事前に、挙式の時期や日程も未定で式場を見に来ただけだ、と伝えておくと断るときに少し気が楽になるかもしれません。

キャラ2

当日成約割のある式場などでは、その日に契約をすると割引が多いのでスタッフさんも熱心に営業をされます。あらかじめ当日成約特典や割引のある式場は避けるというのもポイントです。

ブライダルフェアの試食は本当に無料なの?

ブライダルフェアの試食会はすべて無料です。稀に有料のところもありますがゼクシィのサイトでは予約するときに無料か有料か、わかるように記載してあるので安心です。

無料の試食会では披露宴料理のおいしさはもちろんのこと、全体の雰囲気や盛り付けなどをチェックすることが目的なので、周りを気にせずにとことん料理を楽しむべきです。もしも婚礼料理を重視したくてフルコースすべての量やアレルギー対策などを知りたいのであれば、契約後に有料でおこなう試食で確認しましょう。

キャンペーンも見逃さない!ゼクシィを利用しよう

ブライダルキャンペーンサイトであるゼクシィは、Webからブライダルフェアの参加予約をすると応募できるキャンペーンをおこなっています。現在はブライダルフェアの予約で最大1万円のキャンペーンが開催されています。

期間内に予約さえしてしまえば実際にブライダルフェアに参加するのは期間後でも大丈夫なので、忙しくて時間の限られている人でも安心して応募できます。

応募方法はアドレス、名前、郵便番号、住所を記入して会場の予約をするのみなので簡単ですし、式場の予約だけでなく結婚準備や2次会の情報なども網羅されているので、必ずチェックしておくべきサイトになってます。

ゼクシィならブライダルフェアの中でも「無料試食会がある」で検索することができます。近くの式場で無料試食会に行ってみましょう。

ゼクシィで詳細を見てみる

服装はカジュアル?スーツ?ドレスコード?

ブライダルフェアは気軽に参加しても大丈夫ですが、当日実際に結婚式がおこなわれている場合もあるため、失礼のないように服装に気を配りましょう。

だからといってスーツを着ていく必要はありませんし、ドレスコードもありません。普段自分の着ている洋服の中から、レストランやホテルの中を歩くときに恥ずかしくないような洋服を選ぶと間違いないです。カジュアル過ぎる服装は男女ともに式場で浮いてしまうので気をつけましょう。

結婚式の予定なし、デート気分の参加でもOK?

ブライダルフェアはどんな人でも参加できます。たとえ結婚式を挙げる予定がなくても拒否されることはないですし、パートナーとデート気分で見学にいくことも可能です。挙式体験やドレス試着などを体験したくて参加しても、スタッフさんにはわかりません。

気をつけるべき点は、ほとんどのブライダルフェアで結婚式の予算や招待するゲストの人数などを聞かれたり、アンケート用紙に記入をお願いされます。そのときになにも答えることができず、冷やかしに来たと思われないように配慮しましょう。

友達?両親?誰といけばいいの?さすがに1人はつらい?

ブライダルフェアは友人や両親と参加しても問題ありません。友人同士でしか気付けないことや両親の経験や意見を参考にすることもできます。しかし試食会などは何名様分ときまっているところもあるので、人数を変更する場合は事前に友人や両親と参加する旨を伝えておくと良いでしょう。

1人で参加することも決して恥ずかしくありません。ブライダルフェアはカップルで参加することが前提です。もしも1人で参加されている人をみても、周りの人はパートナーと予定が合わなかった、としか思いません。しかし心配な人は大人数が集まる土日などではなく、参加人数の少ない平日の夜などのブライダルフェアであれば足を運びやすいのではないでしょうか。

試食会目当ての参加でも大丈夫?

ブライダルフェアに試食会目当てで参加することは問題ありません。試食も見学の一部ですし、見学にきてくださった人が、気に入って将来同じ式場で結婚式を挙げてくださる可能性もあります。

式場側は自分たちの式場がいかに優れているかを知ってもらうためにブライダルフェアを開催しています。そのため式場側は自分たちの最大の強みを惜しみなく公開し、その強みが料理だからこそ試食会を開催しています。

式場側はたとえ無料でも、多くのお客様に自分たちのアピールポイントを知ってもらうことのほうが重要なので、試食会目当てのお客様でも足を運んでくださることに意味があります。

ただし試食会目当てだからといってスタッフさんに迷惑をかけたりしないように、最低限のマナーは守りましょう。

関連記事